美健Q

美容と健康の研究に熱心な40代主婦が最近気になること。

コーヒーで癌は防げるのか、癌になりやすくなるのか?どっち?

f:id:indy0012:20170109074539j:plain

 

コーヒーと癌の関係について、個人的に感じたことを書いてみたいと思います。

 

と言うのも今日コーヒーとすい臓がんに関する下の記事を読んだからです。

 

bylines.news.yahoo.co.jp

 

上の記事の結論を要約すると、

「コーヒー1日4杯以上飲むと膵がんリスクを上げるかもしれない」

ということでした。

 

日本消化器学会のHPに掲載されている研究結果を引用してあったので信頼できる結論のようでしたが、他の研究ではコーヒーの摂取量とすい臓がんの関連は見られないということも書いてありました。

 

国立がん研究センターが行ったコーヒーの摂取量と癌や脳卒中心筋梗塞などの死因との関連を調べたら、1日にコーヒー3-4杯までは死亡リスクが下がり、5杯以上で上昇がみられました。で、結論は「一日1-4杯までは健康に良い可能性があるかも」しれないそうです。

 

で、どっちなの?コーヒー飲んだら癌になりやすいのか、なりにくいのかはっきりしてほしいところですが、、、まだ研究途上だそうです。

 

私もコーヒー好きで毎日飲みますので気になるところです。

 

ただ、どの研究結果も砂糖の量やコーヒーの濃さ、ミルクとの関係などは比較されいませんでしたね。

 

私は甘くてミルクたっぷりのコーヒーが好きなのですが、甘いコーヒーを飲むと糖尿になる確率が上がりそうですし、ミルクの脂肪分も気になるところです。

 

一杯のコーヒーの量がどれくらいなのかもはっきりしませんね。私のマグカップ相当大きいんですが、これは二杯飲んでいることになるのか?

 

関連性がはっきりしない今のところは飲みすぎには気を付けるべきという結論ですかね。

広告を非表示にする